車両本体価格の値引き交渉

008
車両本体価格の値引き交渉についてお話をしていきます。
値引きの交渉をするためには、販売店がその車をどのくらいの金額で仕入れたかを探るということが大切です。
これはなぜかというと、どのディーラーも仕入れしている金額以下まで値引きに応じてくれるはずがないからです。

仕入れている金額を下がるには二つの方法がありますまずは購入したい希望の車種が決まったら、その車種を記録してみます。
他の販売店で買い取り相談をしてみましょう。提示してきた買い取り価格+100,000円くらいの範囲が仕入れの価格と考えても良いです。

もう一つは販売価格から仕入れた値を探る方法です。中古車ディーラーで最も多い1,080,000円ぐらいの車だとおおよそね異例の金額としては500,000円ぐらいプラスした金額で販売しているはずです。

販売店は、この仕入れ価格に整備費などメンテナンス費用を乗せて利益を得ています。
このように、上乗せ分の300,000円くらいが車両本体価格の値引きができる上限と言っても良いでしょう。

それ以上の値引き要求に関しては、納車時の整備をしないとか、保証をつけないなどの条件を行ってくると思われますので、気をつけなければいけません。

販売価格が1,000,000円以下であればだいたい400,000円、300,000円以上になると1,000,000円が上乗せ分と考えられるでしょう。
値引きの交渉をするのであれば、それくらいの金額を目安に交渉してみましょう。

また値引きを迫る時には、他の店でも購入を考えている素振りをします。
もし、担当のセールスマンがそれなら他の店でどうぞという感じになったのであれば、そこはチャンスです。
自分は車両の入れ替えが早いからまたすぐお世話になるなどの話を行ってみるのが効果的です。

附属品のサービスについても交渉していきましょう。

お金に困っていたので仕方ない

私は現在都内に住む50代の男のサラリーマンで会社や飲食店をいくつか経営している者です。私は仕事人間で朝から晩まで仕事をしており休みの日に家族で遊びに出かけたりするようなことはめったにないのですが唯一の趣味は車に乗ることです。

車に乗るというよりはいじるほうが好きで特に50年代や60年代のアメリカンタイプの車が好きで自分でもいくつか所有しており毎日見るのが楽しみです。

当然古いくるまばかりでメンテナンス代はかかるのですがおかげさまで会社の業績が好調でお金のことをそこまで気にすることはなかったのですが昨今の不況のせいもあり何台か売却することを考えました。

自分の車なのですが一体いくらで売れるというのを考えたこともないですし、知識もないので友達に相談すると思ったよりもいい値段で売れそうだったので売却を決断いたしました。

家族に相談すると残念そうだったのですが年末の旅行代くらいま稼げそうと言うとしぶしぶ納得ししてもらい専門の業者に家まで来てもらい査定をおねがいしました。査定に来てくれた方はいかにもアメリカン車が好きそうなおじ様で安心してまかせて見てもらいました。

最近はこういう車が人気で高く売れるので高く買い取っていただき満足しました。
今月のニューサイトチェックですが、下記の車の売却に関するサイトに決まりました。

このサイトをチェックしてみると、車の売却関係のことがよくわかります。

エンジンオイルは行き渡るようにしたいもの

車の場合を考えると、月に数回しか乗らず、持っても近所の短距離だけ、しかも走らないことを理由にオイル交換もしないような車が一番痛んでくるのです。

長いこと止めておいた車は、メカニズムの内部機構を潤滑にする油が流れ落ちて、次にエンジンをかけた時、潤滑になかなか行き届かないというところがあります。

しかも、短距離走行では、エンジンが暖まりきらないうちに止めるような運転では、メカを構成する金属部がなじむ暇もなく、忙しく熱で膨張しては冷えて一時困ることを繰り返すから、金属疲労も早いということもあります。
それに、天ぷら油がほおって置いてもだめになることでもわかるように、オイルは走らせなくても酸化して悪くなります。

たまにしか走らないからと1年もオイル交換をしないと、エンジン内部は痛んだオイルでこりごりすられることになってしまうでしょう。

こんな車が、内装や外装がきれいで距離が少ないからといってもてはやされることこそ、大きな間違いなのです。

もちろん、走る程痛む消耗部品はあります。そういった部分はどうしても交換が必要になります。

車の一括査定する時にはやっぱここしかないですね。
ピックアップサイト 車一括査定
車査定を一括ということが、まだわからない人にはオススメさいとです。

2013年12月19日

このページの先頭へ